Deprecated

この API は、将来の React のメジャーバージョンで削除される予定です。代替手段についてはこちらをご覧ください。

createFactory は、指定したタイプの React 要素を生成するための関数を作成します。

const factory = createFactory(type)

リファレンス

createFactory(type)

createFactory(type) を呼び出して、指定した type の React 要素を生成するためのファクトリ関数を作成します。

import { createFactory } from 'react';

const button = createFactory('button');

この後、JSX を使わずに React 要素を作成することができます。

export default function App() {
return button({
onClick: () => {
alert('Clicked!')
}
}, 'Click me');
}

さらに例を見る

引数

  • type: type 引数は有効な React のコンポーネントタイプでなければなりません。例えば、タグ名の文字列('div' や 'span')や、React コンポーネント(関数、クラス、または Fragment のような特別なコンポーネント)が該当します。

返り値

ファクトリ関数を返します。そのファクトリ関数は、最初の引数として props オブジェクトを受け取り、その後に ...children 引数のリストを受け取り、指定した type、props、children を持った React 要素を返します。


使用法

ファクトリ関数を使って React 要素を作成する

ほとんどの React プロジェクトではユーザインターフェースを記述するために JSX を使用していますが、JSX は必須ではありません。過去には createFactory が、JSX を使わずにユーザインターフェースを記述するための方法のひとつでした。

createFactory を呼び出して、'button' のような特定の要素タイプのファクトリ関数を作成します。

import { createFactory } from 'react';

const button = createFactory('button');

そのファクトリ関数を呼び出すと、指定した props と children を持つ React 要素が生成されます。

import { createFactory } from 'react';

const button = createFactory('button');

export default function App() {
  return button({
    onClick: () => {
      alert('Clicked!')
    }
  }, 'Click me');
}

このようにして createFactory が JSX の代替として使用されていました。しかし、createFactory は非推奨であり、新しいコードでは createFactory を呼び出すべきではありません。createFactory から移行する方法については下記をご覧ください。


代替手段

createFactory をプロジェクトにコピーする

プロジェクト内で多くの createFactory 呼び出しがある場合は、この createFactory.js の実装をプロジェクトにコピーします:

import { createFactory } from './createFactory.js';

const button = createFactory('button');

export default function App() {
  return button({
    onClick: () => {
      alert('Clicked!')
    }
  }, 'Click me');
}

これにより、インポートを除くすべてのコードを変更せずに保持できます。


createFactory を createElement に置き換える

少数の createFactory の呼び出しがあり手動で移植しても構わず、かつ JSX を使用したくない、という場合、ファクトリ関数のすべての呼び出しを createElement の呼び出しに置き換えることができます。例えば以下のコードは:

import { createFactory } from 'react';

const button = createFactory('button');

export default function App() {
return button({
onClick: () => {
alert('Clicked!')
}
}, 'Click me');
}

以下のコードに置き換えが可能です:

import { createElement } from 'react';

export default function App() {
return createElement('button', {
onClick: () => {
alert('Clicked!')
}
}, 'Click me');
}

以下は、JSX を使用せずに React を使用する完全な例です。

import { createElement } from 'react';

export default function App() {
  return createElement('button', {
    onClick: () => {
      alert('Clicked!')
    }
  }, 'Click me');
}


createFactory を JSX に置き換える

最後に、createFactory の代わりに JSX を使用することができます。これが React を使用する最も一般的な方法です。

export default function App() {
  return (
    <button onClick={() => {
      alert('Clicked!');
    }}>
      Click me
    </button>
  );
};

落とし穴

既存のコードには、'button' のような定数ではなく変数を用いて type を指定するものがあるかもしれません。

function Heading({ isSubheading, ...props }) {
const type = isSubheading ? 'h2' : 'h1';
const factory = createFactory(type);
return factory(props);
}

JSX で同じことをする場合、変数の名前を Type のように大文字で始まるように変更する必要があります。

function Heading({ isSubheading, ...props }) {
const Type = isSubheading ? 'h2' : 'h1';
return <Type {...props} />;
}

さもないと、React は <type> を(小文字なので)組み込みの HTML タグと解釈してしまいます。